記事一覧

建築物にインスパイアされたミドーのアニバーサリーシリーズが登場

ミドーは、建築物からインスパイアされたデザインを持つ新作「オールダイヤル リミテッドエディション」を発表した。20年にわたるユニークでタイムレスな絆を祝うアニバーサリーシリーズとして展開され、本作のモチーフは円形闘技場、コロッセオである。



ミドーのアニバーサリーシリーズを飾る第1作
 ミドーは今回、2022年を通じて、フラッグシップコレクションから5つの限定モデルを展開することを発表した。オーデマピゲ コピーこのアニバーサリーシリーズは、いづれも世界的に有名な建築物からインスパイアされている。それぞれのモニュメントへのオマージュが、文字盤のディテールやケースバックに繊細なエングレービングで表現され、モニュメントの誕生年に合わせて数量限定で発売される。



ミドー「オールダイヤル リミティッドエディション」
自動巻き(Cal.ETA2836-2)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SSケース(直径42mm)。10気圧防水。世界限定2022本。17万4900円(税込み)。2022年2月1日(火)発売予定。
 このアニバーサリーシリーズを飾る第1作目となるのは、2002年に発表された「オールダイヤル」コレクションの限定モデルである。2022本限定の「オールダイヤル リミテッドエディション」は、古代ローマの最も有名な建造物のひとつである巨大な円形闘技場、コロッセオをデザインに取り入れた、ユニークなデザインが特徴だ。



オールダイヤルの建築的な要素は、本作のデザインを見れば一目瞭然だろう。グランドセイコー腕時計グレイン加工を施したアンスラサイトの文字盤は、円形で多層的な構成になっており、内側のフランジはコロッセオを上から見たときのスタンド部分を、サンドブラスト仕上げのテクスチャーは石材の質感を表現している。

【関連記事】:ペアウォッチのおすすめブランドリスト