記事一覧

ジャガー・ルクルトがレベルソ90周年を記念して新しい書籍の出版を発表

ジャガー・ルクルトが新しい書籍“レベルソ・ブック”の出版を発表
1931年誕生、時を超えたストーリー


ジャガー・ルクルトは高級書籍出版を手掛けるアスリーヌとのコラボレーションによって新しい書籍『レベルソ』を出版することを発表します。アーカイブ画像やオリジナルの写真を通じて世界で最も有名な腕時計の1つであるレベルソのストーリーを、著名な作家、歴史家、ジャーナリスト、そして時計の専門家であるニコラス・フォルケスによる刺激的なテキストと共に辿ります。



アールデコ時代の最盛期である1931年に誕生したレベルソは、ポロの激しい試合に耐え得る腕時計を設計するという挑戦に応えて製作されました。



すっきりとしたフォルムと独自のリバーシブルケースでその精神を象徴するレベルソは、90年間、変わることなく現代性を表現し続け、自らのアイデンティティを損なうことなく常に自身を変化させ続けています。



また、自分にとって意味のあるパーソナライズを施した十数人のレベルソ オーナーの物語をご紹介します。
さらに、ジャガー・ルクルトの創業者の魅力的な物語、時計の歴史に大きな影響を与えた発明、180を超える技術を1つ屋根の下に集結させた完全一体型のマニュファクチュールとしてのメゾンの発展についても記載しています。


【関連記事】:https://peihugu217.wordpress.com/

「パスティーユ」コレクションから、ピュアで可憐な輝きを放つ新作「ロングアイランド プティ パスティーユ」 のピンクサファイアモデルが登場

文字盤の中央部分に煌めく貴石が印象的な「パスティーユ」コレクションから、ピュアで可憐な輝きを放つピンクサファイアモデルが登場します。


「パスティーユ」とは、水玉模様を表すフランス語。
フランク ミュラーは“曲線”の持つ美しさに魅せられ、自身の作品の数々に落とし込んできました。ブランド時計 コピーロングアイランド コレクションのもつ手首に滑らかにフィットする豊かなケース曲線や、ビザン数字の生き生きとカーブしたライン。美しい曲線は、途切れることのない永遠に続く時を象徴しています。
そのひとつである「パスティーユ」は、文字盤に円状に配された貴石が“永遠の時”への祝福を思わせる、時間の存在を超越した美を宿すタイムピースです。



ロングアイランド コレクションの最小サイズであるロングアイランド プティは、縦25×横18㎜のミニサイズが日本人女性の腕元に馴染みやすく、洋装・和装問わず合わせやすいということから高い支持を得ています。
さらに精緻なギョウシェ装飾が施された文字盤やゴールド色のビザン数字と針が組み合わさることで洗練さが加わり、かわいらしさと品格のバランスが絶妙なデザインに仕上げられています。
中央に配されたピンクサファイアの華やかな煌めきは、時計に視線を向けるたびに高揚感や幸福感をもたらし、時を知らせる役割に留まらず持ち主の気分を盛り上げてくれる特別なタイムピースとなることでしょう。

それぞれのモデルに対応した専用のスペシャルボックスには、ルーデンスがアストロンを身に着けた5周年記念ビジュアルをあしらったイラストカード、サイン入りメッセージカードが収められており、国内限定モデルには、ルーデンスが装着しているベルトをイメージしたデザインの付け替え用ナイロンストラップが付属します。
※メッセージカードおよびサインは直筆ではございません


<セイコー アストロン>は1969年にセイコーが世界に先駆けて発売した、クオーツウオッチ<クオーツアストロン>から名を受け継ぎ、高い時間精度で世界の人々のライフスタイルをサポートします。タグ・ホイヤー - Wikipedia2012年9月に誕生した世界初のGPSソーラーウオッチに加え、新グループとしてソーラー電波モデルも登場し、バリエーションが拡がりました。


【関連記事】:各種人気腕時計の日常メンテナンス

【強くお勧めしますankopiN級品市場】日本最大級!


モンブラン 1858 ジオスフェール リミテッド エディション 1858 は、マニュファクチュール オートマチック キャリバー MB 29.25 を搭載しています。この独特なコンプリケーションは2つの半球を表示することによって、異なるタイムゾーンを直感的に読み取れるようにします。人気のウブロ 腕時計このタイムピースには、6時位置と12時位置に配された回転するドーム型の北半球と南半球が備わっており、その2つの半球は24のタイムゾーンを持つ固定スケールで囲まれ、ローズゴールドでコーティングされたブラウンカラーのデイ/ナイトインジケーター(北半球と南半球の両方)も含まれています。両半球の経度基準子午線は、スーパールミノバ®でコーティングされた黒い線でハイライト表示されています。さらに、ホームタイム表示として使用されるセカンドタイムゾーンは9時位置に配置され、日付表示(現地時間にリンク)は3時位置に配置されています。

メカニズムは簡単に設定できます。リューズのポジション 2で、最初にGMT/UTC線をロンドン時間(ドーム上に黒色の線でハイライト表示)に合わせて回転する半球を調整した後、次に分を調整します。すると、2つの地球儀が同期します。北半球は反時計回りに回転し、南半球は時計回りに回転します。次のステップは、時針を現地時間に合わせて設定します(リューズのポジション 1で、1時間ごとに進むクイック調整システムを使用/地球儀は回転しません)。これにより日付も調整されます。最後に、ホームタイムに使用できるセカンドタイムゾーンは9時位置に配置されており、10時位置に配置されたコレクターを介して設定できます。


モンブラン 1858 ジオスフェール リミテッド エディション 1858 には、ベージュのステッチが施されたヴィンテージスタイルのブラウン スフマート カーフ ストラップが採用されています。


ラインホルト・メスナーとゴビ砂漠

ゴビ砂漠は、中国とモンゴルにまたがる1,600kmにわたるアジア最大、世界で5番目に大きい砂漠です。また、重要な化石が見つかる世界で最も有名な古生物学的遺跡のひとつとしても知られています。砂漠は砂とむき出しの裸岩の組み合わせから成ります。 ゴビ砂漠はシルクロード沿いのいくつかの重要な都市の所在地として機能し、モンゴル大帝国の一部として歴史上重要な役割を果たしました。

2004年、ラインホルト・メスナーは、ゴビ砂漠横断 2,000kmの単独トレッキングに世界で初めて成功しました。 伝説の登山家はいにしえの夢を追い求めて、単独で、まったく自分だけで、さらに後方支援もなしで、ゴビ砂漠を自分のやり方で縦断しようと試みました。西ゴビを抜けアルタイ山脈を越えた2,000キロメートルの踏破は、彼にとって未踏の限界ぎりぎりの体験となり、肉体的にも精神的にも、結果の見えない中での不動心を試される挑戦でした。「ゴビに打ち勝つことはできない。なぜならばこの虚無を見ることはほとんど耐えがたいからだ」と、彼は後年、著書『ゴビ』に記しています。



モンブランとラインホルト・メスナーのパートナーシップ

ラインホルト・メスナー(1944年9月17日生まれ)は、イタリアの登山家・探検家であり作家です。彼は、世界最高峰を制覇した先駆的な登山家として、そして「メスナーのリスト」として知られる世界七大陸の最高峰の数々に挑戦したことで有名です。

彼は、世界初のエベレスト単独登頂とともに、ペーター・ハーベラーと共に酸素補給なしのエベレスト初登頂という偉業を達成しました。彼はまた、8,000メートル級の14の最高峰すべてを制覇した最初の登山家でもありました。1989年から1990年にかけて、ラインホルトは弟のヒューバート、ドイツの探検家アーフェット・フックスと共に、南極大陸とグリーンランドを犬ぞりやスノーモービルを使わない、徒歩による南極大陸とグリーンランドの初の横断に成功しました。2004年に彼は、ゴビ砂漠 2,000 kmの初の単独横断を成し遂げました。彼は自分の経験について60冊以上の著書を出版し、欧州議会で議員として務めた1期(1999〜 2004年)には環境問題に率先して取り組み、また2018年には、仲間の登山家クシストフ・イェジ・ヴィエリツキとともに、スポーツ部門でアストゥリアス女公賞を受賞しました。


【関連記事】:キーワードをおさえて今年らしいファッションを楽しみましょう

シチズン 「CITIZEN YELL COLLECTION」を発表~全6ブランド7モデルのブルーカラー・ピース、新しい時代への希望をコンセプトに

シチズン時計株式会社は、新しい時代への希望をコンセプトに、幾何学模様の「未来のカケラ」を文字板に表現した「CITIZEN YELL COLLECTION(シチズンエールコレクション)」全6ブランド7モデル【希望小売価格55,000〜275,000 円(税抜価格50,000〜250,000 円)】を2021 年5月14日に数量限定で発売します。※価格・発売日・限定数量は予定です。



「CITIZEN YELL COLLECTION」は、私たち一人ひとりが持っている、新しい時代への希望を、幾何学模様の「未来のカケラ」で文字板に表現しました。「未来のカケラ」がつながり、ひとつになれば、大きな希望になると信じて、前を向いて未来へ進む人へのエールの気持ちを込めたコレクションです。
『シチズン エクシード』、『シチズン アテッサ』、『シチズン プロマスター』、『シチズンコレクション』、『シチズン クロスシー』、『シチズン エル』、の6 ブランドから、共通のデザインテーマのもと、ブランドごとに、それぞれの幾何学パターンや異なる表情を持つブルーで仕上げ、機能やデザインも異なる7 モデルをラインナップしました。機能は、すべてのモデルにシチズンの基幹技術で定期的な電池交換が不要な光発電エコ・ドライブ※1 を搭載しています。

【特長】
今回の限定コレクションは、シチズンの6 ブランド『シチズン エクシード』、『シチズン アテッサ(2 モデル)』、『シチズン プロマスター』、『シチズンコレクション』、『シチズン クロスシー』、『シチズン エル』から機能やデザインも異なる7 モデルをラインナップ。



・幾何学模様の「未来のカケラ」で、一人ひとりが持つ希望がつながり、大きな希望になることを文字板に表現しています。
・ブランドごとに、幾何学模様や異なる表情を持つブルーを使用することで、ブランドアイデンティティーを表現。
・シチズンの基幹技術で定期的な電池交換が不要な光発電エコ・ドライブを搭載。


【関連記事】:http://edagima.top

ゼニスが特別な「クロノマスター オープン」で コイーバ シガーの55周年を祝福~ハバナへの回帰

ハバナからル・ロックル、そして全世界へ。2021年、シガー愛好家たちは、最も有名で、優れたキューバのシガーメーカーの1つであるコイーバの55周年を祝福します。オーデマピゲ コピーハバノスとのコラボレーションは5年目を迎え、コイーバとのコラボレーションは6度目となるゼニスは、この記念すべき節目に特別なクロノマスター オープンを発表します。


精度、信頼性、伝統を通じて卓越性を追及するという共通点から生まれたゼニスとコイーバのパートナーシップは、職人たちの仕事ぶりを堪能できる貴重な瞬間を探し求める人々に向けた新たなマイルストーンを打ち立てました。
ハバノス ワールド デイズの開催に合わせて、ハバナで20年以上続いている伝統的なフェスティバルと同様に、テーマ別カンファレンス、シガー工場のバーチャルツアー、熱烈なシガー愛好家の知識を試すハバノス ワールド チャレンジ コンペティションなどで構成される3日間のオンライン イベントを行います。これに加えて、ゼニスは数量限定のスペシャルエディションでコイーバの55周年を祝います。

ゼニスは、コイーバ独自のデザインを想起させる方法でこの象徴的なクロノマスター オープンを再構築しました。すべて手作業で巻かれ絶妙に調合されたシガーのひとつひとつを包むパッケージと紙バンドの印象的なデザインコードを取り入れたクロノマスター オープン コイーバ55th アニバーサリー エディションの文字盤は、特徴的なサフランイエローとホワイトとブラックの市松模様で仕上げられています。オーデマピゲ 時計 レディース星型のカウンターウェイトを備えたイエローのクロノグラフ秒針がデザインを引き立て、ブラックのアリゲーターレザーストラップが文字盤の市松模様との調和を生み出しています。


55本限定生産のクロノマスター オープン コイーバ55th アニバーサリー エディションは、サファイアクリスタルの内側に特別なコイーバ55のロゴプリントを見ることができる特殊なケースバックを備えています。
クロノマスター コイーバ55th アニバーサリー エディションは、2021年10月からゼニス ブティックにて発売を予定しています。

【関連記事】:流行している星手首

ユリス・ナルダン 、「UFO」のオレンジバージョンをオンリーウォッチに出品~未来のマリンクロノメーター

ユリス・ナルダンの未来派卵形テーブルクロック「UFO 」が、ビエンナーレで開催されるオンリーウオッチに登場。デュシェンヌ型筋ジストロフィーの研究を支援するためのユニークな時計オークション第9回目は、2021年11月6日(土)に開催されます。玉虫色オレンジのタッチで彩られたユリス・ナルダン ONLY WATCH UFO は、美しいものに魅了させる人々のために生まれました。



ル・ロックル、2021年7月1日 - 今年、ユリス・ナルダンがオンリーウォッチのためにオークションに出品した時計は腕時計ではなく、奇抜で空を飛ぶかのような時計オブジェであり、芸術品であり、デザインや建築物であり、おもちゃでもあります。
UFOと呼んでいるテーブルクロックは、新たな楽しい冒険の旅オデッセイのため人々を船上に迎え入れようとするもので、オレンジ色をした「ユニークピース」バージョンです。

オンリーウォッチため、ユリス・ナルダンのUFOにエレクトリックオレンジ色が登場しました。ブライトリング 時計2021年4月に発売されて以来、伝統的な時計愛好家の間で高い評価を得たこの非日常的なオブジェは、わずか75個の限定生産メタリックブルーのバージョンはすでに完売しています。UFOは、モナコのアルベール2世公が後援しているモネガスク筋ジストロフィー協会が設立したオークションで、センターステージに精力的に戻ってきます。

吹きガラスのドームをバヨネット式(差し込み)で固定している時計の球体アルミベースは、特殊なPVD表面処理アルマイト処理によってオレンジ色に仕上げています。また、ムーブメントの3つの連結シリンダーと3つの下部タイもオレンジ色に着色しています。パワーリザーブディスク、ユリス・ナルダンのエンブレムであるアンカーをあしらった装飾インサートもオレンジ色です。3つの文字盤にも塗装が施していますが、他のメタリックオレンジの要素とは異なり、マットに仕上げた外観です。

オンリーウオッチのためだけに制作するこのユニークな作品は、2021年11月にオークションに出品されます。そのポップなディテールは、オレンジ色が刺激的で喜びに満ちた色であることを思い出させてくれます。晴れた日の無邪気さを表現しています。まるで太陽に照らされたかのようにUFOは計算された方法で揺れ動き、見る人にエネルギーを与えます。オークションでは、このオレンジ色のバージョンがアートオブジェとして、手に入れる絶好の機会となるでしょう。

ONLYWATCH

モナコ公国アルベール2世の後援のもと、モネガスク筋ジストロフィー協会 (AMMAMM)が設立した「オンリーウォッチ」のオークション。2年に1度開催されるこのイベントは、モナコで開催されるヨットショー2021年9月22日 ~ 25日の一部として初開催されます。このヨットショーには、ユリス・ナルダンが10年以上にわたってスポンサーを務めています。オークションのプロモーションツアーは、ジュネーブ11月6日で終了し、多くのコレクター、ファン、愛好家、メディア関係者に作品を紹介します。ヨーロッパ、アジア、中東、アメリカ大陸では、それ以前にツアーで公開されます。

このイベントは、デュシェンヌ型をはじめとする筋ジストロフィーの研究のための資金調達を目的としています。デュシェンヌ型筋ジストロフィーは、男児の約3,000人に1人の割合で発症し、全身の筋肉が徐々に変性していきます。

オンリーウォッチは、高級時計ブランドのユニークな時計を集めオークションにかけます。2005年以来、約50の参加ブランドから寄付された時計により、約4,000万スイスフランの寄付金が集まりました。

モネガスク筋ジストロフィー協会の会長であるリュック・ペタヴィーノ氏は、「このイニシアチブは、集団的な運動の中で表現される共感、利他主義、相互尊重が並外れた強さを持ち、大きな変化の中にある世界の希望の形であることを、何度も証明しています」と説明しています。


UFOの起源

この揺れるデザインオブジェクトは、子供の頃の夢を蘇らせるのに必要なものを持っています。それは球体の地球儀のようです。

19世紀から20世紀にかけてのマリンクロノメーターから2001年のフリーク、そして2020年のブラストまで、マニュファクチュールでは常に技術的で最先端の時計オブジェクトをデザインしてきました。


未来のマリンクロノメーター

175年前、ユリス・ナルダンは当時では信じられないほど正確で信頼性の高い船舶用時計とマリンクロノメーターで有名でした。これらの時計は、ジュネーブとヌーシャテルの両天文台で行われたクロノメトリーコンテストで優勝し、賞を獲得しました。ユリス・ナルダンの卓越したクラフツマンシップで45か国の海軍が公海を航行することができました。

では、ユリス・ナルダンが1846年に自らに課した「最高の時を測る道具を作りたい」という願いに忠実でありながら、ブランドの未来を祝うにはどうすればよいのでしょうか。

「ヴィンテージコードを再利用して過去の時計を復刻することは、今回のアニバーサリーモデルの制作意図ではありませんでした。それどころか、逆に175 年分の飛躍を目指したのです。私たちは常に先を見ています。2196年にデザインされるマリンクロノメーターはどんなものだろうと考えていました」と、ユリス・ナルダンCEOのパトリック・プルニエは述べます。

675個の部品で3つのタイムゾーンを表示するUFOは、ユリス・ナルダンのデザイナー、エンジニア、時計職人が考える175年後の未来的なマリンクロノメーターの姿を表現したものです。このUFOは、未来の探検家がどのような海を航海しようとも、その道しるべとなるようにデザインされています。

【関連記事】:学生時代の腕時計

オーデマ ピゲ 日本オリジナルWEBに[Alexandros]の川上洋平が語るオーデマ ピゲとの出合いと思いや、ロイヤル オークの女性モデルにフォーカスした新コンテンツが登場

オーデマ ピゲ 日本オリジナルWEBに女性モデルにフォーカスした新コンテンツなどが登場



スイスの高級時計ブランド、オーデマ ピゲ ジャパンが日本独自で展開しているマイクロサイトに、女性モデルにフォーカスした新しいコンテンツを公開しました。

① 「時計のはなし」エピソード3は、オーデマ ピゲのレディースモデルの歴史と新作のロイヤル オーク レディースモデルをご紹介します。

エピソード1:ブランドの歴史
エピソード2:CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲの魅力
エピソード3(NEW):新作ロイヤル オーク レディース

② 「時は流れていくからこそ美しい」と語る、写真家・蜷川実花氏が語る表現者としての現在地を紐解くスペシャルムービー


9月12日(日)までのフェア期間中、時計をご購入いただく際、標準ストラップのコードバンやベロアレザーに加え、通常ではオプション購入になる新型のメタルブレスレットの中から、お好きなストラップをお選びいただけるサービスのご提案をいたします。



③ オーデマ ピゲを着る、LATE SUMMER/EARLY AUTUMNのカップルスタリングのご提案


④ オーデマ ピゲ本社の時計工房を疑似体験できるVRコンテンツを[Alexandros]川上洋平が体感 オーデマ ピゲとの出合いから腕時計を所有する思いを語る。

【関連記事】:http://makey4short.top

既成概念にとらわれない女性のために開発された「PREDATOR S RAINBOW」

REBELLION TIMEPIECESは、既成概念にとらわれない女性のために、「PREDATOR S RAINBOW」を開発しました。ブルガリ 時計 レディースこの特別な新作では、芸術的なジュエリーと繊細なセッティングにより、妥協のない時計製造を披露し、特別な構成と視覚的なスリルを生み出しています。42mm径ケースを採用しているので、男性の方にもご着用いただけます。


ベゼルには、色とりどりな宝石で虹を表しています。希望、平和、繁栄の象徴であるこの虹は、ひと粒ずつバゲットカットした32 個のレインボーカラーサファイア(3.15 カラット)で構成されています。スポーティでありながら洗練されたこのモデルは、 REBELLION RACING の経験から得た最高のスポーツマンシップと、ファインジュエリーの緻密な専門知識を組み合わせた作品となっています。スーパーコピーレインボーサファイアの演出によって女性らしさやパワフルなデザインが際立ちます。


【概要】
PREDATOR S 3HANDS RAINBOW
Ref: PRES3HTIRAINBOW
・限定本数:エクスクルーシブモデル
・販売価額:12,518,000円(税込) (※写真のモデルの価額になります)
・ケース素材:チタニウムブラックDLC、チタニウムブラックDLCと5Nゴールド、5N ゴールド
・風防:反射防止サファイアクリスタル
・ケースバック:ソリッドケースバック
・ケースサイズ:42.00mm x 42.00mm x 15.80mm
・防水:50m / 5 ATM
・ムーブメント:スイス製ムーブメント 自動巻き



・ムーブメント部品総数:195
・ファンクション:時針、分針、 秒針、カレンダー機能
・石数:27 石
・振動数:4Hz (28,800vph)
・パワーリザーブ:48 時間 ・ストラップ / バックル:加硫ラバー/ D バックル

【関連記事】:ファッションに関するすべての製品と情報

トレッキングにもってこい。さまざまな計測を可能とする「クライマーライン


『プロトレック』の使用は登山がメイン。そんな人におすすめのコレクションが「クライマーライン」だ。気圧・高度・方位を計測できるトリプルセンサーやマルチバンド6、タフソーラーなどの『プロトレック』の名物機能を搭載しながらも、フィールドでの動きを妨げない小型&薄型の新構造を実現。通常レベルの登山に十分なスペックが備わっているものの、「マナスル」や「マルチフィールドライン」に比べて購入しやすい価格設定も魅力的だ。ブライトリング 時計デザインも多彩で、アナログ、デジアナタイプまで、好みや目的に合わせて選ぶことができる。



「PRW-30」の売りは直感的な操作性。右側に方位や気圧、高度、温度をワンプッシュで計測できるダイレクトボタンが配置され、計測結果をSTN液晶でデジタル表示。また、各ボタンの近くには方位・高度・気圧を示すアイコンを採用され、過酷なフィールドでも簡単かつ直感的に必要な情報を得ることができる。トリプルセンサー、タフソーラー、マルチバンド6などを装備。10気圧防水。樹脂×SSケース、サイズ51.6×45.2mm、クォーツ式。



“動きを妨げない着けやすさ”で選ぶなら、断然「PRW-60」だ。リューズ内にあるバネのサイズの見直しや、ケースとバンドをつなぐカンと裏蓋の一体化を実現した新構造・クロス フレーム ストラクチャーによって大幅な小型化を実現。それでいてトリプルセンサーVer.3やマルチバンド6、タフソーラーといった『プロトレック』自慢の機能はばっちり搭載されている。10気圧防水。樹脂×SSケース、サイズ50.5×47.2mm、クォーツ式。

【関連記事】:http://wonderfully.top

ニコール・キッドマン、オメガのヴィンテージ ウォッチとともに全米映画俳優組合賞授賞式に出席


ロサンゼルスで現地時間2016年1月30日に開催された全米映画俳優組合賞授賞式にて、その業績を認められた映画界、テレビ界のスター達が、祝福を受けました。オメガのアンバサダーであるニコール・キッドマンも、眩いばかりにエレガントなスタイルで出席し、彼女が着用したオメガのヴィンテージ時計が、その美しいスタイルをより一層引き立てました。


  この祝典の夜に、オスカー受賞女優のニコールが着用していたのは、1952 年製“シークレット”ジュエリー ウォッチです。



この時計は、プラチナのケースとブレスレット、そしてバゲットカット、フルカット、ブリリアントカットが施された数百の最高級ウエッセルトン ダイヤモンドが特徴です。細部にはギョーシェのシルバーダイアル、そしてゴールド カボションのアワーマーカーと、ゴールドのリーフ針が確認できます。また、スナップ クローズのダブルカバーで、中にはキャリバー211がおさめられています。


  ニコール・キッドマンがオメガのヴィンテージ時計を着用してレッドカーペットに姿を表すのは、初めての事ではありません。


  彼女は以前より、オメガの貴重な遺産とも言うべきヴィンテージ コレクションのファンなのです。これまでも、映画界の様々な式典において、オメガのヴィンテージ ウォッチを着用しています。

【関連記事】:見栄えが良く、トレンディなものは常に最も美しいあなたに属します

パテック フィリップのコンプリケーションウォッチ「年次カレンダー」の驚異的な精度

「超複雑タイムピース」の創作において、長い伝統を誇るパテック フィリップ。本記事では、高度な技術の結晶として羨望を集める、コンプリケーションウォッチの魅力に迫ります。



ブルーのアリゲーターストラップ×ダイヤモンドベゼルが品のよい手元へと導く。
「複雑機能」という意味をもつコンプリケーションウォッチの巨匠として、最高峰の地位を築くパテック フィリップ。「年次カレンダー」搭載のコンプリケーションウォッチは、美しき発明品ともいえる存在です。

女性用の「ブランド パロディ」には暦の原点ともいえるムーンフェイズ表示も搭載され、魅惑的な美しさを実現。ムーンフェイズは、文字盤上に月の満ち欠けが表示され、暦を伝えるロマンティックな機能のひとつです。

328個の部品からなる自動巻ムーブメント「324 S QA LU」を搭載する「年次カレンダー」。機能的に秀でているだけでなく、端正な面持ちが手元に風格をもたらします。

文字盤は、シャンタン・シルク風の繊細なニュアンスを再現。艶やかなホワイトゴールドベゼルに施された141粒のダイヤモンドが聡明な輝きを演出してくれるのです。

シャンタン・シルクのような文字盤で上品に



視認性の高いインデックスも特徴のひとつ。
文字盤はシャンタン・シルク(つむぎ風の絹布)をイメージして、上品なニュアンスを生み出しています。熟練の職人により磨き上げられたホワイトゴールドのインデックス数字に知性が宿ります。

燦然と輝くダイヤモンドベゼル



手首に優しく添う、しなやかなライン。
ホワイトゴールドのベゼルには、厳格な基準の下に選別された141粒のダイヤモンドがセッティングされています。tote711 届かないカラトラバ十字の紋章が刻まれたリュウズにもダイヤモンドが施され、細部まで繊細な輝きで包みます。

2021新作 就航 30周年を迎える飛鳥クルーズとのコラボレーション限定モデル。セイコー プレザージュ「Ocean Traveler」


 2021年の新作として、日本の美意識を体現するウオッチブランド「セイコープレザージュ」の新デザインシリーズ「Ocean Traveler(オーシャントラベラー)」より、客船「飛鳥II」をモチーフにした数量限定モデルが登場します。ジラール・ペルゴ 時計優美な姿に着想を得た、ふくよかな曲線を描くケース、煌びやかな船内を思わせる多角形のベゼルが華やかな時を表現。さらに、GMT機能を搭載しながらもケース径を 40mmに抑え、素材にはチタンを採用することで軽量化を図り、装着時の快適性も追求しました。内面無反射コーティングを施したデュアルカーブサファイアガラスを採用することで、高い視認性を叶えています。



「日本の真摯なモノ作り」という思想に共感を得て実現したコラボレーション

 日本の夏祭りを巡るクルーズ、1泊からのショートクルーズなど多岐にわたり展開。全室海側の客室、ゆったりとしたスペースや新設の露天風呂など充実の設備、日本人乗船客の嗜好に合わせた多彩な食事やエンターテイメントが特徴の、日本船籍最大の客船です。 「プレザージュ」は 100有余年に渡るセイコーの時計作りの歴史とノウハウを受け継ぎ、伝統とテクノロジーを融合した幅広い商品をラインアップするメイド・イン・ジャパンのウオッチブランドです。 プレザージュが大切にしている「日本の真摯なモノ作り」という思想に共感を得て「飛鳥Ⅱ」とのコラボレーションが実現しました。

 本作は、今年で就航 30周年を迎える飛鳥クルーズを祝し、プレザージュの持つ伝統技術とデザイン性で、長く愛され続ける「飛鳥Ⅱ」の魅力を余すことなく表現いたしました。

 琺瑯職人である横澤満氏の監修のもと製作された艶やかな質感の琺瑯ダイヤルは、日に照らされた真っ白な船体を彷彿とさせます。12時のインデックスには、飛鳥Ⅱが郵船クルーズの保有であることを示す赤の二本線「二引き(にびき)」をイメージしたデザインをあしらっています。ダイヤルリングやインデックス、時分秒針のカラーには、船体に用いられている青と金のカラーリングを採用するなど、意匠を凝らしています。飛鳥クルーズの就航 30周年を祝して、日付表示の「30」の目盛りは金色でハイライトしています。 裏ぶたには、飛鳥クルーズのロゴを施しました。大海原を航行する客船の舳先にも似て、船の機能的で力学的な美しさを想起させる「A」の文字と、日本最大の鳥である「アルバトロス」をモチーフにした「海鳥」が描かれています。

 スペシャルボックスに、雄大な海を想起させるネイビーの付け替え用クロコダイルストラップを収めた、限定だけのオリジナルパッケージです。



日本の美しい海をダイヤルで表現したレギュラーモデル

 クルーズ客船を彷彿とさせるケースやベゼルはそのままに、日本の美しい海をダイヤルで表現した、「Ocean Traveler」レギュラーモデル 3機種も同時発売いたします。 時間とともに移ろう海を連想させるダイヤルカラーに、波をイメージしたダイヤルパターンが美しく映えるデザインです。

【おすすめの関連記事】:http://definierte.top

シチズン(CITIZEN)ブランド初のダイバーズウォッチが登場


シチズンは、「市民に愛され親しまれるモノづくり」を理念とした時計ブランド。30代の女性には「頑張る女性を応援する」というテーマを持つ「XC(クロスシー)」シリーズや、ジュエリーのような美しさと機能性をあわせ持つ「L(エル)」シリーズが人気です。



フェミニンなルックスと高い機能性を兼ね備えたおすすめのレディース腕時計です。デザインテーマは「美しい人」。シチズンのオリジナルカラーであるサクラピンクの優しい色味が、女性らしく上品な手元を演出します。

ブランド独自のテクノロジー「エコ・ドライブ」を搭載しているため、光のある部屋に置いておくだけで充電が完了。また、海外でも簡単に時刻合わせができる「ワールドタイム機能」も備えており、旅行の際も頼りになります。



ジュエリーのような輝きを放つ上品なレディース腕時計です。シャープなスクエア型ケースの両サイド、そしてサファイアガラスと文字盤の上にダイヤモンドを贅沢にセット。きれいめコーデはもちろん、ドレスアップスタイルやビジネスシーンにもマッチします。

部屋の光で充電できる「エコ・ドライブ」搭載モデルで、フル充電後は光に当てない状態でも数ヶ月稼働。ベルトは着脱が簡単な両プッシュ観音開きタイプを採用しており、実用面も優れています。


【関連記事】:http://cabochon.top/

カルバン・クライン・ウォッチ/カルバン・クライン ハイヌーン 「都会的なミニマルデザインがオンスタイルをシャープに」


SSケース、43mm径、クオーツ。3万3000円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7380
NYブランド、カルバン・クラインの都会の洗練を絵に描いたような世界観をそのまま形にしたクオーツクロノグラフ。ロレックス腕時計ラクマケース、ダイヤル、ストラップには無駄な装飾がいっさいなく、知性の漂う佇まいはドレッシーな腕元にも最適であろう。

ドーム型風防やシルバーのダイヤルカラーからは、どことなくレトロな雰囲気も漂う。モードな休日にはモノトーンで合わせるなど、使い勝手も抜群だ。

TISSOT
ティソ/ティソ シュマン デ トゥレル オートマティック
「金曜日に時計を外しても、月曜日に余裕で駆動する」



ケース、42mm径、自動巻き。8万3000円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7361
一般的に機械式時計のパワーリザーブは50時間前後が多く、フル巻き上げから3日放置できる72時間以上あれば優秀。ロレックス コピーそのなかでティソが誇るのが、スウォッチ グループ傘下のETA社と共同開発したキャリバー、パワーマティック80。つまり最大80時間駆動。

これをクラシカルな3針デイトの名作に収めた。土日に時計を着けずとも月曜朝に針が動き続けている、これ結構うれしいのだ。


【関連記事】:どんな年代の女性にも似合うなデザイン

超名門ブランドたちの意外な一手で、時計がもっと好きになる。

クラシカルな佇まいとデザインコンシャスを極めたスタイルの腕時計。その手があったかとニンマリするさすがの発想力に、夢や希望を感じないかい?

CARTIER
カルティエ/サントス ドゥ カルティエ LM
ベルト交換&コマ詰めが手軽な“目ウロコシステム”



SSケース、縦47.5×横39.8mm、自動巻き。74万円/カルティエ 0120-301-757
世界初の紳士の実用的腕時計と謳われる角形の名機が、今年満を持してアップデート。ビス留めされたアイコニックなベゼルがブレスレットとつながる流麗なデザインに。

それに応じる形で、付属のレザーストラップに工具不要で手軽に交換できる「クィックスイッチ」システムを採用。さらには、工具なしでブレスレットのコマ詰めまでもが可能となった。



デザインコンシャスを極めた結果生まれたユーザーフレンドリー機能。100年超の歴史を持つ名作は、腕時計にファッション性が求められる現代の感性に寄り添い、進化を続けるのだ。

VAN CLEEF & ARPELS
ヴァン クリーフ&アーペル/ミッドナイト ゾディアック リュミヌー サジタリアス ウォッチ
ゼンマイの動力で星が輝く、詩的表現



12月発売予定。K18WGケース、42mm径、自動巻き。1300万円[予価]/ヴァン クリーフ&アーペル 0120-10-1906
ポエティックな創作を信条とするメゾンが、ダイヤルに星座のきらめきを持ち込んだ。8時位置のプッシャーを押すと発電し、星座を構成するいくつかの星が、夜空のようなエナメルダイヤル上で点灯するのだ。

特定の物質に圧力がかかることで電気を生じる圧電効果を巧みに利用し、ゼンマイの動力のみでダイヤルの星座に仕込まれたLEDを点灯させることに成功。18世紀に発見されていた原理を現代に応用、ロマンティックな時を表現する。


【関連記事】:2021春夏コレクションからピックアップした注目

“地球からの預かりもの”を道具へと調理する、製硯師とラドーの共通点

先駆けてセラミックスを外装に用いるなど、時計界に革新的な風を送るラドー。その在り方は、各界で異彩を放つイノベイターと共通するものがある。

5回にわたって、そんなイノベイターたちに「クリエイティブ」についてインタビュー。5人目は……

青栁貴史 Takashi Aoyagi
1979年東京都生まれ。青栁派四代目製硯師。二代目の祖父・保男と三代目の父・彰男に作硯を師事。代々経営する浅草の書道用具店、宝研堂内に工房を構える。硯となる石探しに、命がけで秘境を巡ることも。大東文化大学文学部書道学科非常勤講師。著書に『硯の中の地球を歩く』(左右社)など。

新たな価値の創造は、イノベーションに欠かせない要素のひとつだ。例えば、セラミックスの分野で時計界の先頭をひた走るラドーが世に生み出したセラモスという先進素材。古来、人類が親しんだ“陶”の技術から生まれるセラミックスにメタルを融合することで、そのどちらにもない輝きと相互補完による品質の向上を成し遂げた。

翻って硯(すずり)の世界。毛筆文化を唐の時代より担い続ける道具だが、その製作で硯に新たな価値を生む男がいる。青栁貴史さんだ。硯の師でもある父が命名した「製硯師(せいけんし)」を継承する。

「私の場合、日本の伝統的な硯職人とは少し意味合いが違います。あえて定義すれば、“硯についてなんでもできる技術者”。作硯もしますが、時代や土地ごとに異なる硯について、あらゆる角度から研究もしています。硯の修復や再現にも役立つだけでなく、何より現代に生きる我々にフィットする硯がどんなものかを探求するうえでも欠かせません」。



青栁さんが作った硯。右は、明代を代表する長方淌池硯。左は、清の時代に流行した吉祥図案入り。中央が、青栁さんの考える現代的な硯。「自然の造形を活かして、刃物を入れずに削った」とのこと。自然が生んだ質感が美しい。
人呼んで「硯ハンター」。青栁さんはしばしば、材料となる石の探索をするために、日本や中国の山奥へ旅に出る。そして、探し出した石に適した硯を生み出すべく、常に感覚を研ぎ澄ませている。

「硯は、地球からの預かりものです。何万年もかけて地球が作ってきた石を、いっとき僕らが硯に調理しているだけ」と語るように、自然との調和を強調する。「毛筆の道具に使われるのは、毛を束ねた筆、石を削った硯、木の繊維である半紙、植物の煤(すす)からなる墨と自然材料だけ。手書きの温かみも現代の感性にぴったり。毛筆文化の素晴らしさを、もっと世の中に広めていきたいですね」。


宝研堂内の工房にて。「この道20年。石と自然体で向き合うのには、長い時間がかかりました。力は使いますが、筋トレは不要です(笑)」。
そして、優れた道具という意味において、ラドーの時計にも共感する。

「セラミックスの質感と造形に、使う人のことを考慮した道具としての完成度の高さを感じます。僕は石を、ラドーはセラミックスを、ともに自然のものを調理する点が似てますね」。

硯に新しい可能性を探る青栁さん。その作務衣姿にラドーと硯石が見事な調和を見せる。和洋折衷の粋な姿で見せた笑顔が印象的だった。

お互い“地球からの預かりもの”を道具へ調理していますね


ローズゴールドカラー セラモスケース、41mm径、自動巻き。24万円/ラドー(スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7330)
ダイヤマスター セラモス オートマティック
「セラミックス90対メタル10」という、ラドーの独自配合により生まれる特殊素材セラモスをケースに採用した最新作。アールのついたお椀型のサイドビューにより、その輝きも強調。

「肌への接触面が少ないために、着用感が快適。メタル特有のひんやり感もないのがいいですね。ケース裏のアール形状に刺激を受けました。こんな硯を作りたいな」と作硯への意欲が掻き立てられた様子。

「傷の付かないゴールドカラーも美しい。スーツ姿の右手にこの時計を装着、その手に小筆を持ってさらりと一筆したためたら、最高に格好良くないですか?(笑)」。

【関連記事】:セレブに愛されるレプリカショップ

「キャリバー 02」と「キャリバー 12」を搭載した2種の新作「モナコ」登場

タグ・ホイヤーは、同社のアイコニックピース「モナコ」の新作2モデルを発表した。オータビアにしか搭載していなかった最新の自社製ムーブメント「キャリバー ホイヤー02」を初めて搭載したモデルと、「スーパーコピー時計」を搭載する最後のモデルだ。

注目は自社ムーブを搭載した「モナコ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ」



左■タグ・ホイヤー モナコ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ
自動巻き。SSケース(39mm×39mm)。パワーリザーブ約80時間。100m防水。640,000円(税別)
右■タグ・ホイヤー モナコ キャリバー12 クロノグラフ ファイナルエディション
自動巻き。SSケース(39mm×39mm)。パワーリザーブ約40時間。100m防水。640,000円(税別)
 左が最新の自社製ムーブメント「キャリバー ホイヤー02」を初めて搭載した「モナコ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ」。華やかなブルーサンレイダイヤルに赤をアクセントとして使うことによって、このウォッチのスポーティなデザインが際立っている。

 右の「タグ・ホイヤー モナコ キャリバー12 クロノグラフ ファイナルエディション」は、グレーのバーティカルサテンダイヤルとブラックのインダイヤルにブラックアリゲータストラップの組み合わせで、とても大人っぽいクラシックなデザインに仕上がった。

世界初の角型自動巻防水時計として1969年に誕生した「モナコ」
 「モナコ」は、世界初の角型防水時計であり、世界初の自動巻きクロノグラフとして1969年に誕生した。当時リューズを左に配置するデザインはとてもアヴァンギャルドで人々を驚かせた。タグホイヤー コピーまた”キング オブ クール”の異名を持つ名優スティーブ・マックイーンが映画「栄光のル・マン(1971年)」の中で着用したことで更に注目を集めた伝説のタイムピースだ。



本作で生産終了する「キャリバー12」搭載の「モナコ」
モナコ

「キャリバー12」を搭載するこの最後のエディションは世界限定1,000本であり、ケースバックに”ONE OF 1000”の文字が刻印される



【関連記事】:優雅で、軽薄で、流行腕時計

パルミジャーニ・フルリエからローズゴールドがエレガントなトンダグラフが発売

パルミジャーニ・フルリエの「トンダ」コレクションに、トゥールビヨン搭載の新作トンダグラフが登場する。ローズゴールドのケースとギヨシェ彫りのダイアルがエレガントなモデルとなっている。



知的な雰囲気漂うスレートグレーのダイアルに、ローズゴールドのアプライドインデックスがアクセントになっている。デルタ型スケルトンの針は個性的でありながらも上品な印象だ。


伝統と革新を融合させた新しいトンダグラフ
 パルミジャーニ・フルリエの中でも、最も種類が豊富なコレクションである「トンダ」コレクション。イタリア語で「円」を意味する「トンダ」をコレクション名としている通り、全てのモデルが円形のケースで統一されている。オメガ時計 メンズそれでもなおバリエーションに富んでいるのは、純粋な円という形が創造性を発揮しデザインの探求の場となりうるからだ。



手巻き(Cal.PF354)。29石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約65時間。18KRG(直径43.0mm、厚さ13.4mm)。30m防水。1990万円(税別)
 新作のトンダグラフは、トゥールビヨンを6時位置に、クロノグラフの30分積算計を3時位置に配することで、この二つの機構を強調するデザインだ。また9時位置にスモールセコンドを、12時位置にパワーリザーブインジケーターを配置することで、ダイアル上をシンメトリーに仕上げている。針はスケルトンになっており、インダイアルを覆い隠さないよう配慮されている。スレートグレーの文字盤にはライスグレイン模様のギヨシェ彫りが施され、見た目にも美しい。

 搭載されているのは自社製の手巻きムーブメント「PF354」。このムーブメントは295個もの部品で構成されている。面取り加工が施されたトゥールビヨンブリッジやペルラージュ仕上げが施された香箱に、マニュファクチュールとしてのパルミジャーニ・フルリエの技術力を垣間見ることができるだろう。ストラップはエルメス社製のもので、ハバナカラーのアリゲーターストラップが採用されている。バックルにはケースと同じ18Kローズゴールドが使われている。


サファイアクリスタルのケースバックからは、美しく仕上げられたパーツを鑑賞することができる。


【関連記事】:福島県の高級ブランド情報

爽やかすぎるブルーダイヤル、ブレゲ「トラディション オートマティック レトログラード セコンド 7097」

今ではブレゲのアイコンに成長した「トラディション」が発表されたのは2005年。それは、ムーブメントの調速機構を地板の上に配し、表から見えるようにした初の時計だった。その剥き出しの機械感が人目を引かずにおれない「トラディション」コレクションに、初めてブルーダイヤルが加わった。ブレゲ ブティック限定モデル「トラディション オートマティック レトログラード セコンド7097」の若々しい印象となっている。


ブレゲ「トラディション オートマティック レトログラード セコンド 7097」
直径40mmのケースに納められているムーブメントは、アンクルにシリコン素材を使った脱進機や、同じくシリコン素材による外端曲線付きブレゲひげゼンマイを搭載し、非常に安定した歩度を実現しているキャリバー505SR1である。
自動巻き(cal.505SR1)。38 石。2万1600振動/時。18KWG(直径40 mm、厚さ11.8 mm)。パワーリザーブ約50 時間。30m防水。391万円(税別)。ブレゲ ブティック限定


トラディションの源流は「スース クリプション」



このモデルは、同コレクションの他のモデルと同様に、ブレゲ初期(1796年)の懐中時計「スースクリプション」ウォッチからインスピレーションを得て開発されている。中央に配置された香箱に加え、これを挟んで左右対称に向かい合う同サイズのテンプと2番車が「スースクリプション」の特色である。

地板とブリッジの表面には「グルネイユ(サンドブラスト)」と呼ばれる装飾仕上げ



レトログレイド式スモールセコンドは、10時位置に置かれ、ロジウム仕上げのブレゲ針を採用する時針や分針とともに秒を表示。時刻の読み取りやすさを最適化し、このスモールセコンドを強調するために、ペルラージュを施した半円形の秒目盛りがダイヤルに重ね合わされた。パラシュート衝撃吸収装置は、左右対称に歯車が配置されたダイヤルの4時位置のテンプに組み込まれている。ブレゲが発明した、このテン真を衝撃から保護する装置は、「トラディション」コレクションの一目でわかる特徴である。それはまた、「インカブロック」を含む、現在の時計に使われている耐衝撃機構のまさに元祖なのだ。

2021年の干支「丑」がモチーフのハリー・ウィンストン「HW プルミエール・チャイニーズ ニューイヤー オックス オートマティック 36mm」

ハリー・ウィンストンより、2021年の干支である丑をダイアルにあしらった「HW プルミエール・チャイニーズニューイヤー オックス オートマティック 36mm」が発表された。世界限定8本のみの販売となる。



今にも走り出しそうなほど躍動感にあふれた丑、真紅のマザー・オブ・パール、ダイアル下部の繊細な模様など、まるで絵画のような手の込んだダイアルだ。丑は勤勉かつ高貴な動物とされており、中国文化では非常に大切にされている。「HW プルミエール・チャイニーズ ニューイヤー オックス オートマティック 36mm」。自動巻き(Cal.HW2014)。28石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約68時間。18KRG(直径36mm、厚さ9.36mm)。3気圧防水。世界限定8本。560万円(税別)。


今にも駆けだしそうな躍動感を持って描かれた、2021年の干支「丑」
 毎年恒例となったハリー・ウィンストンのチャイニーズ ニューイヤーモデル。同社は2016年より、その年の干支をあしらったモデルを、中国で縁起が良いとされる世界「8」本限定で発表している。今回発表されたのは、2021年の干支である丑をテーマとした「HW プルミエール・チャイニーズ ニューイヤー オックス オートマティック 36mm」だ。



チャプターリングやインデックスにセットされたダイヤモンドが、レッド マザー・オブ・パールを背景にゴールドで描かれた牛を引き立てる。ダイヤモンドは、同社の宝石職人によって精緻にセットされている。
 まず目に飛び込んでくるのは、ダイアルいっぱいに描かれたローズゴールドの丑だろう。角や脚には、トップジュエラーである同社の宝石職人がセットしたダイヤモンドが輝き、躍動感あふれる姿を一層輝かせている。マザー・オブ・パールによる深紅のダイアルは、素材特有の幻想的な虹色の輝きを放ち、光の当たり具合によってさまざまな表情を映し出す。ダイアル下部には中国の伝統的な絵画に見られる風景をオマージュした、起伏に富んだ山並みが描かれている。12時位置のインデックスは、創始者ハリー・ウィンストンが最も愛したエメラルドカットのダイヤモンドがセットされている。

 ベゼルとラグ、リューズトップも含めて、ケースには合計57個ものダイヤモンドがセットされ、ダイアルを引き立てている。ダイヤモンドは、優雅なデザインのアルディロンバックルにもセットされており、ダイアルカラーと同じシャイニーレッドのストラップとともに、一体感を高めている。



ラウンド・ブリリアントカット・ダイヤモンド179個とエメラルドカット・ダイヤモンド1個による総計約2.8カラットの輝きは、実物を見なければ分からないだろう。きらびやかな見た目ではあるが、統一感のあるカラーリングによって、まとまりのあるデザインに仕上がっている。
 シリアルナンバーが刻印されたケースバックはシースルーとなっており、ローズゴールド製のスケルトンローターを備えたムーブメントを鑑賞することができる。シリコン製ヒゲゼンマイを採用し、約68時間ものパワーリザーブを備えるこのムーブメントは、受けのコート・ド・ジュネーブや地板のサーキュラーグレインなど、細部にまで繊細な仕上げが施されている。

 限定モデルらしく、ボックスは専用のものが用意されている。ゴールドのセリグラフィが施された、レッドラッカー仕上げで、新年を祝うに相応しい華やかな専用ギフトボックスとなっている。


【関連記事】:奈良県のファッションブランド情報!