記事一覧

パルミジャーニ・フルリエからローズゴールドがエレガントなトンダグラフが発売

パルミジャーニ・フルリエの「トンダ」コレクションに、トゥールビヨン搭載の新作トンダグラフが登場する。ローズゴールドのケースとギヨシェ彫りのダイアルがエレガントなモデルとなっている。



知的な雰囲気漂うスレートグレーのダイアルに、ローズゴールドのアプライドインデックスがアクセントになっている。デルタ型スケルトンの針は個性的でありながらも上品な印象だ。


伝統と革新を融合させた新しいトンダグラフ
 パルミジャーニ・フルリエの中でも、最も種類が豊富なコレクションである「トンダ」コレクション。イタリア語で「円」を意味する「トンダ」をコレクション名としている通り、全てのモデルが円形のケースで統一されている。オメガ時計 メンズそれでもなおバリエーションに富んでいるのは、純粋な円という形が創造性を発揮しデザインの探求の場となりうるからだ。



手巻き(Cal.PF354)。29石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約65時間。18KRG(直径43.0mm、厚さ13.4mm)。30m防水。1990万円(税別)
 新作のトンダグラフは、トゥールビヨンを6時位置に、クロノグラフの30分積算計を3時位置に配することで、この二つの機構を強調するデザインだ。また9時位置にスモールセコンドを、12時位置にパワーリザーブインジケーターを配置することで、ダイアル上をシンメトリーに仕上げている。針はスケルトンになっており、インダイアルを覆い隠さないよう配慮されている。スレートグレーの文字盤にはライスグレイン模様のギヨシェ彫りが施され、見た目にも美しい。

 搭載されているのは自社製の手巻きムーブメント「PF354」。このムーブメントは295個もの部品で構成されている。面取り加工が施されたトゥールビヨンブリッジやペルラージュ仕上げが施された香箱に、マニュファクチュールとしてのパルミジャーニ・フルリエの技術力を垣間見ることができるだろう。ストラップはエルメス社製のもので、ハバナカラーのアリゲーターストラップが採用されている。バックルにはケースと同じ18Kローズゴールドが使われている。


サファイアクリスタルのケースバックからは、美しく仕上げられたパーツを鑑賞することができる。


【関連記事】:福島県の高級ブランド情報

コメント一覧

悠久歴史腕時計ブランド URL 2021年08月19日(木)19時29分 編集・削除

時計に関連したニュースやイベントの最新情報をご覧いただけます。各項目をクリックすると詳細を見ることができます。