記事一覧

爽やかすぎるブルーダイヤル、ブレゲ「トラディション オートマティック レトログラード セコンド 7097」

今ではブレゲのアイコンに成長した「トラディション」が発表されたのは2005年。それは、ムーブメントの調速機構を地板の上に配し、表から見えるようにした初の時計だった。その剥き出しの機械感が人目を引かずにおれない「トラディション」コレクションに、初めてブルーダイヤルが加わった。ブレゲ ブティック限定モデル「トラディション オートマティック レトログラード セコンド7097」の若々しい印象となっている。


ブレゲ「トラディション オートマティック レトログラード セコンド 7097」
直径40mmのケースに納められているムーブメントは、アンクルにシリコン素材を使った脱進機や、同じくシリコン素材による外端曲線付きブレゲひげゼンマイを搭載し、非常に安定した歩度を実現しているキャリバー505SR1である。
自動巻き(cal.505SR1)。38 石。2万1600振動/時。18KWG(直径40 mm、厚さ11.8 mm)。パワーリザーブ約50 時間。30m防水。391万円(税別)。ブレゲ ブティック限定


トラディションの源流は「スース クリプション」



このモデルは、同コレクションの他のモデルと同様に、ブレゲ初期(1796年)の懐中時計「スースクリプション」ウォッチからインスピレーションを得て開発されている。中央に配置された香箱に加え、これを挟んで左右対称に向かい合う同サイズのテンプと2番車が「スースクリプション」の特色である。

地板とブリッジの表面には「グルネイユ(サンドブラスト)」と呼ばれる装飾仕上げ



レトログレイド式スモールセコンドは、10時位置に置かれ、ロジウム仕上げのブレゲ針を採用する時針や分針とともに秒を表示。時刻の読み取りやすさを最適化し、このスモールセコンドを強調するために、ペルラージュを施した半円形の秒目盛りがダイヤルに重ね合わされた。パラシュート衝撃吸収装置は、左右対称に歯車が配置されたダイヤルの4時位置のテンプに組み込まれている。ブレゲが発明した、このテン真を衝撃から保護する装置は、「トラディション」コレクションの一目でわかる特徴である。それはまた、「インカブロック」を含む、現在の時計に使われている耐衝撃機構のまさに元祖なのだ。

コメント一覧

ブランド時計コピー専門店 URL 2021年08月12日(木)15時12分 編集・削除

2021新作最高級超スーパーコピー時計、ブランド時計コピー、送料無料、確実に届くブランド パロディは品質3年保証で