記事一覧

ユリス・ナルダン フリークのフライングカルーセルを探る

ブレゲの「クラシック ダブルトゥールビヨン 5345 “ケ・ド・ロルロージュ”」を拝見してから「オービタル(公転運動)ムーブメントブーム」が唐突に到来、IWCのレディースオービタルで有名なユリス・ナルダン(ULYSSE NARDIN)のフリーク(Freak)はそういえば理解がふんわりで、この機会に理解しよう!と思い立ちました。

WMO読者の協力を得て、フリークを触らせていただき、理解できたのでレポートします。



今回触らせていただいたフリークの最新作、フリーク・ヴィジョン(Freak Vision)。
オーナー氏曰く、「シリコンテクノロジーをフルに活かすとどうなるか自身で体験するため」に「買って試した」そうです。
シリコンの物性とフォトリソグラフィの寸法精度を活かしたユリス・アンカー脱進機、シリコンひげゼンマイ・テンワと「グラインダー」自動巻きシステムを持つモデルです。

5振動/秒ながら慣性モーメントの大きいテンワにより、「極めて良い精度」と「すぐに巻き上がる」とのことでした。

さて、機構を見ていきましょう。



片持ち式のフライング構造で、輪列全体が回転するカルーセル(回転木馬)と呼ばれる方式になります。
機構は良い意味でシンプルでとても分かりやすいです。

ムーブメント直径に近い香箱から中心軸に時計回りにトルクがかかっており、これによってカルーセルは時計回りに回転しようとします。
回転しようとすると外周の内歯車に噛み合った中間車を起点とした加速輪列により脱進機にトルクが到達、終端のユリス・アンカー脱進機とテンプの脱進作用によって輪列の速度が制御され、カルーセルは60分(1時間)で1周する速度で回転します。

香箱が回転体に載ってないという点をはじめとした細かい差異を除けば、クラシックフュージョン スーパーコピー基本的なシステムはブレゲと同じと言えるでしょう。



斜めから見ると加速輪列の構造が分かりやすいです。

カルーセル自体が60分で1回転するため分針の役割をし、ブレゲとは逆にこれを12:1で減速することで時針を作り出します。
ここに遊星歯車機構が使われています。

【関連記事】:2022年一番流行のバクは何か

コメント一覧

エルメスのハンドジュエリー URL 2021年12月29日(水)10時09分 編集・削除

カジュアルコーデのアクセントとしても活躍する「シャネル」ピアスをピックアップ!シャネルのピアスは一つ持っているとコーデの幅が広がるのでおすすめです。

されたおしゃれなデザイン URL 2021年12月30日(木)10時33分 編集・削除

京都府の最新ファッションブランド情報

華やかなブレスレット URL 2021年12月31日(金)23時53分 編集・削除

華やかなブレスレットをお探しならは、「エルメス シェーヌダンクル」ブレスレットを指名買いしたい♡ほど良いボリューム感とトレンド感で腕回りがとっても華やかに!

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー