記事一覧

【強くお勧めしますankopiN級品市場】日本最大級!


モンブラン 1858 ジオスフェール リミテッド エディション 1858 は、マニュファクチュール オートマチック キャリバー MB 29.25 を搭載しています。この独特なコンプリケーションは2つの半球を表示することによって、異なるタイムゾーンを直感的に読み取れるようにします。人気のウブロ 腕時計このタイムピースには、6時位置と12時位置に配された回転するドーム型の北半球と南半球が備わっており、その2つの半球は24のタイムゾーンを持つ固定スケールで囲まれ、ローズゴールドでコーティングされたブラウンカラーのデイ/ナイトインジケーター(北半球と南半球の両方)も含まれています。両半球の経度基準子午線は、スーパールミノバ®でコーティングされた黒い線でハイライト表示されています。さらに、ホームタイム表示として使用されるセカンドタイムゾーンは9時位置に配置され、日付表示(現地時間にリンク)は3時位置に配置されています。

メカニズムは簡単に設定できます。リューズのポジション 2で、最初にGMT/UTC線をロンドン時間(ドーム上に黒色の線でハイライト表示)に合わせて回転する半球を調整した後、次に分を調整します。すると、2つの地球儀が同期します。北半球は反時計回りに回転し、南半球は時計回りに回転します。次のステップは、時針を現地時間に合わせて設定します(リューズのポジション 1で、1時間ごとに進むクイック調整システムを使用/地球儀は回転しません)。これにより日付も調整されます。最後に、ホームタイムに使用できるセカンドタイムゾーンは9時位置に配置されており、10時位置に配置されたコレクターを介して設定できます。


モンブラン 1858 ジオスフェール リミテッド エディション 1858 には、ベージュのステッチが施されたヴィンテージスタイルのブラウン スフマート カーフ ストラップが採用されています。


ラインホルト・メスナーとゴビ砂漠

ゴビ砂漠は、中国とモンゴルにまたがる1,600kmにわたるアジア最大、世界で5番目に大きい砂漠です。また、重要な化石が見つかる世界で最も有名な古生物学的遺跡のひとつとしても知られています。砂漠は砂とむき出しの裸岩の組み合わせから成ります。 ゴビ砂漠はシルクロード沿いのいくつかの重要な都市の所在地として機能し、モンゴル大帝国の一部として歴史上重要な役割を果たしました。

2004年、ラインホルト・メスナーは、ゴビ砂漠横断 2,000kmの単独トレッキングに世界で初めて成功しました。 伝説の登山家はいにしえの夢を追い求めて、単独で、まったく自分だけで、さらに後方支援もなしで、ゴビ砂漠を自分のやり方で縦断しようと試みました。西ゴビを抜けアルタイ山脈を越えた2,000キロメートルの踏破は、彼にとって未踏の限界ぎりぎりの体験となり、肉体的にも精神的にも、結果の見えない中での不動心を試される挑戦でした。「ゴビに打ち勝つことはできない。なぜならばこの虚無を見ることはほとんど耐えがたいからだ」と、彼は後年、著書『ゴビ』に記しています。



モンブランとラインホルト・メスナーのパートナーシップ

ラインホルト・メスナー(1944年9月17日生まれ)は、イタリアの登山家・探検家であり作家です。彼は、世界最高峰を制覇した先駆的な登山家として、そして「メスナーのリスト」として知られる世界七大陸の最高峰の数々に挑戦したことで有名です。

彼は、世界初のエベレスト単独登頂とともに、ペーター・ハーベラーと共に酸素補給なしのエベレスト初登頂という偉業を達成しました。彼はまた、8,000メートル級の14の最高峰すべてを制覇した最初の登山家でもありました。1989年から1990年にかけて、ラインホルトは弟のヒューバート、ドイツの探検家アーフェット・フックスと共に、南極大陸とグリーンランドを犬ぞりやスノーモービルを使わない、徒歩による南極大陸とグリーンランドの初の横断に成功しました。2004年に彼は、ゴビ砂漠 2,000 kmの初の単独横断を成し遂げました。彼は自分の経験について60冊以上の著書を出版し、欧州議会で議員として務めた1期(1999〜 2004年)には環境問題に率先して取り組み、また2018年には、仲間の登山家クシストフ・イェジ・ヴィエリツキとともに、スポーツ部門でアストゥリアス女公賞を受賞しました。


【関連記事】:キーワードをおさえて今年らしいファッションを楽しみましょう

コメント一覧

時計業界の新作発表 2021年12月03日(金)12時56分 編集・削除

腕時計に関する情報をまとめたメディアです

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー