記事一覧

高級感漂いながらも嫌らしさを感じさせない時計が非常に多いです

本作にはサテン仕上げの新しいカーフスキンストラップが採用され、ブルーグレーカラーを合わせた18Kホワイトゴールドモデルはモノクロの上品な雰囲気で、ベージュを合わせた18Kピンクゴールドモデルとの対比を際立たせている。双方ともにミドルケース、ベゼル、ケースバックに鏡面の面取りが施され、CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲならではの魅力を主張している。ロレックス スーパーコピー加えて、これまでの同コレクションとの違いとしてデイト表示を無くしていることが挙げられるが、これは全面をダイヤモンドで覆ったダイアルの美しさを損なわないための工夫だ。

ロレックス スカイドゥエラー スーパーコピー326135 ブラウン

型番 326135


機械 自動巻き


材質 ピンクゴールド


タイプ メンズ


文字盤 ブラウン


サイズ 42


付属品 内・外箱


こちらのスカイドゥエラーもデイデイトⅡ同様に貴金属モデルのみのハイクラスウォッチ。その魅力は何といってもデュアルタイムゾーンとアニュアルカレンダーの2つの機能を備えているところです。”空の住人”とも称され、持っていることがステータスです。

ロレックス デイトジャスト メンズ スーパーコピー116333 オイスターブレス ブラックアラビア

型番 116333


商品名 パーペチュアル デイトジャストII メンズオイスターブレス


文字盤 ブラックアラビア


材質 YG/SS


ムーブメント 自動巻


タイプ メンズ


サイズ 41


付属品 ギャランティ(国際保証書)、純正箱 内箱、外箱


どれもロレックスの顔とも言えるような代表的なモデルばかりです。「ロレックスは派手」「成金ぽい」「年寄りやバブル世代の人が身につけている」などのイメージもあるロレックスですが、実際はそんなこともありません。シンプルで洗練された時計や、高級感漂いながらも嫌らしさを感じさせない時計が非常に多いです。今回ご紹介したモデルも、まさにそんなロレックスらしさを感じさせてくれるものばかりです。

流行に左右されず、普遍的な一本をお探しの際に参考にしてみてください。


そして本作には、オーデマ ピゲの新世代3針ムーブメントであるCal.4309を搭載している。特許を保有したメカニズムを持ち、腕時計として重要な精度の調整を正確に行うことが可能である。大きめのサイズで安定した精度を確保し、現代における基幹ムーブメントにふさわしい約70時間のパワーリザーブを保持している。


【関連記事】:人気コーディネート

建築物にインスパイアされたミドーのアニバーサリーシリーズが登場

ミドーは、建築物からインスパイアされたデザインを持つ新作「オールダイヤル リミテッドエディション」を発表した。20年にわたるユニークでタイムレスな絆を祝うアニバーサリーシリーズとして展開され、本作のモチーフは円形闘技場、コロッセオである。



ミドーのアニバーサリーシリーズを飾る第1作
 ミドーは今回、2022年を通じて、フラッグシップコレクションから5つの限定モデルを展開することを発表した。オーデマピゲ コピーこのアニバーサリーシリーズは、いづれも世界的に有名な建築物からインスパイアされている。それぞれのモニュメントへのオマージュが、文字盤のディテールやケースバックに繊細なエングレービングで表現され、モニュメントの誕生年に合わせて数量限定で発売される。



ミドー「オールダイヤル リミティッドエディション」
自動巻き(Cal.ETA2836-2)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SSケース(直径42mm)。10気圧防水。世界限定2022本。17万4900円(税込み)。2022年2月1日(火)発売予定。
 このアニバーサリーシリーズを飾る第1作目となるのは、2002年に発表された「オールダイヤル」コレクションの限定モデルである。2022本限定の「オールダイヤル リミテッドエディション」は、古代ローマの最も有名な建造物のひとつである巨大な円形闘技場、コロッセオをデザインに取り入れた、ユニークなデザインが特徴だ。



オールダイヤルの建築的な要素は、本作のデザインを見れば一目瞭然だろう。グランドセイコー腕時計グレイン加工を施したアンスラサイトの文字盤は、円形で多層的な構成になっており、内側のフランジはコロッセオを上から見たときのスタンド部分を、サンドブラスト仕上げのテクスチャーは石材の質感を表現している。

【関連記事】:ペアウォッチのおすすめブランドリスト