記事一覧

オリスがレクタンギュラーモデルを復活

オリスのレクタンギュラーモデルに久々の新作が登場する。新しいフォルムと、秋冬のコーディネートのアクセントになるデザインで戻ってきた。タグホイヤー 時計 修理レクタンギュラー型の4 面ステンレススチールケースと一体化したストラップはクラシックでドレッシー、ユニセックスなフォルム。ケースサイドの段差と細くなった ラグ先端により、手首に品良く自然に収まるよう設計されている。

アールデコ様式風の文字盤の外縁とインデックス内側に沿って描かれたレイルラインが、ケースのシルエットを際立たせる。ホワイト、ブルー、アンスラサイト、ボルドーの4 色。イエロー、ブルー、アンスラサイト、ボルドーいずれかのクイックチェンジ式レザーストラップが付属する。12、9、3 の数字はシンメトリーとアシンメトリーになっており、剣型の針と6 時位置に日付表示が配され、スイス製自動巻ムーブメント、キャリバー 561 を搭載。シースルーバックから機械式の動きを鑑賞可能だ。

に「レア・ウォッチ」を開催したクリスティーズ。時計部門において快進撃を続けるクリスティーズは今回初めて、ジュネーブの「ライブ」オークションにおける時計の販売数100%を記録した。3時間20分で120本を売り切り、下限予想を192%上回る落札総額2280万スイスフランを記録したとクリスティーズは発表している。その歴史的なオークションで最高額の落札を飾った1本が「ディープシー・スペシャル No.1」だ。


【関連記事】:祝日プレゼントおすすめランキング