記事一覧

「パノルナ・トゥールビヨン – リミテッド・エディション」~優れたクラフトマンシップの象徴

細かな波紋が形作る造形と、彫られる対象とのデザイン的な完成度。数あるヨーロッパのエングレーヴ装飾の中でも、ジャーマン・エングレ―ヴィングはイタリアと並び、とりわけ評価が高く、しかも長い伝統と歴史に裏付けられた技巧である。
似たような彫形であっても、地域性、年代、派閥、個人のクセなど、それぞれの約束事があって、やみくもに彫ってあればいいというものではない。スーパーコピー例えば、美しいエングレーヴィング装飾がなされた懐中時計などがオークションに出た場合、その時計のサーティフィケーションとは別に、『このエングレーヴィングは、○○○○年頃に○○(都市や地方名)の○○が手掛けたエングレーヴィングである』という専門家の鑑定書が付けられ、それが価格に大きく影響したりすることもあるくらい、由緒正しい伝統の証なのである。

完璧を追い求めるグラスヒュッテ・オリジナルは、新しい高級時計の傑作、パノルナ・トゥールビヨンの新作を製作しました。世界25 本限定のこのウォッチは、最高レベルのクラフトマンシップ、洗練された技術、類まれな美しさを兼ね備えています。ハンドエングレービングによる文字盤、フライング・トゥールビヨン、スケルトンの針などのエレガントな特徴にあふれた新モデルです。

このパノルナ・トゥールビヨンは、2013 年の先代モデルの新しいバージョンで、まさに芸術的なウォッチです。
精巧なエングレービング装飾が、ソリッドゴールドにガルバニックシルバー加工を施した文字盤の表面とムーブメントの裏側に施されています。タグホイヤー 時計 人気これらのフィリグリーの装飾は、グラスヒュッテの時計製造技術の豊かな伝統を証明しており、それぞれのウォッチにユニークな個性を添えています。

【関連記事】:トレンドを押さえた製品が多く展開されており

オリスがレクタンギュラーモデルを復活

オリスのレクタンギュラーモデルに久々の新作が登場する。新しいフォルムと、秋冬のコーディネートのアクセントになるデザインで戻ってきた。タグホイヤー 時計 修理レクタンギュラー型の4 面ステンレススチールケースと一体化したストラップはクラシックでドレッシー、ユニセックスなフォルム。ケースサイドの段差と細くなった ラグ先端により、手首に品良く自然に収まるよう設計されている。

アールデコ様式風の文字盤の外縁とインデックス内側に沿って描かれたレイルラインが、ケースのシルエットを際立たせる。ホワイト、ブルー、アンスラサイト、ボルドーの4 色。イエロー、ブルー、アンスラサイト、ボルドーいずれかのクイックチェンジ式レザーストラップが付属する。12、9、3 の数字はシンメトリーとアシンメトリーになっており、剣型の針と6 時位置に日付表示が配され、スイス製自動巻ムーブメント、キャリバー 561 を搭載。シースルーバックから機械式の動きを鑑賞可能だ。

に「レア・ウォッチ」を開催したクリスティーズ。時計部門において快進撃を続けるクリスティーズは今回初めて、ジュネーブの「ライブ」オークションにおける時計の販売数100%を記録した。3時間20分で120本を売り切り、下限予想を192%上回る落札総額2280万スイスフランを記録したとクリスティーズは発表している。その歴史的なオークションで最高額の落札を飾った1本が「ディープシー・スペシャル No.1」だ。


【関連記事】:祝日プレゼントおすすめランキング

ハミルトンとクリストファー・ノーラン監督

この映画のストーリー上に重要な役割を果たすカスタムメイドウォッチを、名作「インターステラ―」でもコラボレーションしたハミルトンが制作しているのだが、このコラボレーションを記念して、劇中に登場する時計にインスパイアされた888本限定の「カーキ ネイビー ビロウ ゼロ スペシャルエディション」が8月19日(水)に発売された。
また上映期間中、「ハミルトンブティック 東京 キャットストリート」や、「ISHIDA WATCH GALLERIA 東京ミッドタウン日比谷」では、劇中で実際に使用された時計の展示を実施する。



日本では9月18日(金)に公開が予定されている映画『TENET テネット』。ハミルトンは本作のためにカスタムメイドウォッチを制作しました。“時間の逆行”がテーマの本作において、ハミルトンの時計はストーリーの重要な鍵を握ります。『TENET テネット』制作チームからの依頼を受け、ハミルトンのロングセラーモデル「カーキ ネイビー ビロウ ゼロ」をベースに、一般販売されているハミルトンの時計にはない特別なモデルを制作。現行品のダイヤルに赤と青のデジタル表示機能とカウントダウン機能を搭載。200個を超えるプロトタイプを制作し、制作期間は1年半に及びました。
本作の撮影で実際に使用されたこの時計は、映画の公開にあわせて“来日”予定。ハミルトンブティック 東京 キャットストリートと、ISHIDA WATCH GALLERIA 東京ミッドタウン日比谷にて展示されます。


『TENET テネット』とのパートナーシップを記念し、カスタムメイドウォッチにインスピレーションを得た「カーキ ネイビー ビロウ ゼロ スペシャルエディション」が、現在ハミルトン正規販売店にて発売中です。
映画のテーマカラーである赤と青から着想を得て、秒針の先端がブルーまたはレッドに彩られた2つのモデルをラインナップ。それぞれのカラーは世界888本限定で、888という数字には映画タイトルへのオマージュが込められています。
また、『TENET テネット』のプロダクションデザイナーを務めるネイサン・クローリーがスペシャルエディションのための特別なケースを制作、映画の世界観を表現しています。秒針がブルーのモデルにはブルーのケースが、秒針がレッドのモデルにはレッドのケースがそれぞれ付属します。

【関連記事】:https://qiangxuny226.wordpress.com/