記事一覧

ユリス・ナルダン フリークのフライングカルーセルを探る

ブレゲの「クラシック ダブルトゥールビヨン 5345 “ケ・ド・ロルロージュ”」を拝見してから「オービタル(公転運動)ムーブメントブーム」が唐突に到来、IWCのレディースオービタルで有名なユリス・ナルダン(ULYSSE NARDIN)のフリーク(Freak)はそういえば理解がふんわりで、この機会に理解しよう!と思い立ちました。

WMO読者の協力を得て、フリークを触らせていただき、理解できたのでレポートします。



今回触らせていただいたフリークの最新作、フリーク・ヴィジョン(Freak Vision)。
オーナー氏曰く、「シリコンテクノロジーをフルに活かすとどうなるか自身で体験するため」に「買って試した」そうです。
シリコンの物性とフォトリソグラフィの寸法精度を活かしたユリス・アンカー脱進機、シリコンひげゼンマイ・テンワと「グラインダー」自動巻きシステムを持つモデルです。

5振動/秒ながら慣性モーメントの大きいテンワにより、「極めて良い精度」と「すぐに巻き上がる」とのことでした。

さて、機構を見ていきましょう。



片持ち式のフライング構造で、輪列全体が回転するカルーセル(回転木馬)と呼ばれる方式になります。
機構は良い意味でシンプルでとても分かりやすいです。

ムーブメント直径に近い香箱から中心軸に時計回りにトルクがかかっており、これによってカルーセルは時計回りに回転しようとします。
回転しようとすると外周の内歯車に噛み合った中間車を起点とした加速輪列により脱進機にトルクが到達、終端のユリス・アンカー脱進機とテンプの脱進作用によって輪列の速度が制御され、カルーセルは60分(1時間)で1周する速度で回転します。

香箱が回転体に載ってないという点をはじめとした細かい差異を除けば、クラシックフュージョン スーパーコピー基本的なシステムはブレゲと同じと言えるでしょう。



斜めから見ると加速輪列の構造が分かりやすいです。

カルーセル自体が60分で1回転するため分針の役割をし、ブレゲとは逆にこれを12:1で減速することで時針を作り出します。
ここに遊星歯車機構が使われています。

【関連記事】:2022年一番流行のバクは何か

パネライ新作 「ルミノール ルナロッサ GMT - 42 MM 発売~世界限定250本!

パネライ ルミノール ルナロッサ GMT - 42 MM 登場


第36回アメリカズカップの予選シリーズ プラダカップのオフィシャルタイムキーパーとなったパネライとチーム ルナロッサとのコラボレーションは次の章へと展開しました。IWC アイダブリューシー 時計世界限定250本の新作です。

第36回アメリカズカップ優勝への道は、ニュージーランド、オークランド海域にて2021年1月15日から2月24日の間に行われる予選シリーズ、プラダカップから始まります。
パネライは、このプラダカップのタイムキーパーを務めると同時に、チーム ルナロッサの公式スポンサーとしての役割を強化します。
職人技におけるイタリアの卓越性を表す高度な時計、ルミノール ルナロッサG M T -42mm(PAM01096)の発売です。


すでに高い評価を得ているルミノール ルナロッサの新しいモデルは、厳格な技術的および美的仕様を備え、新素材スカフォテック™が用いられています。
この革新的で持続可能な複合材料は、イタリアチームのAC75ヨットの船体と水中翼船から収集された炭素繊維から作られました。
時計の文字盤として使用するために、リサイクルされてハイテクポリマーに鍛造されています。
スカフォテック™は、ベゼルに用いられたカーボテック™と同様に、その多彩なテクスチャーから生じる独特の外観を、時計の文字盤にそれぞれ与えます。



パネライのLaboratorio di Idee(アイデアの工房)で開発された高度な技術により誕生したこの素材は、軽量で、腐食やストレスに強く、極限に厳しい環境下でも、ルミノール ルナロッサGMT- 42mmはそれに耐えうる準備ができています。

ルナロッサと、ルナロッサに敬意を表する時計の間の深く永続的なつながり、それは重要なスタイルの要素に表れています。文字盤にあしらわれたテキストと、チタン製ケースバックのエングレービングはルナロッサを想起させます。

【関連記事】:自信をプレゼントしてくれる

ジャガー・ルクルトがレベルソ90周年を記念して新しい書籍の出版を発表

ジャガー・ルクルトが新しい書籍“レベルソ・ブック”の出版を発表
1931年誕生、時を超えたストーリー


ジャガー・ルクルトは高級書籍出版を手掛けるアスリーヌとのコラボレーションによって新しい書籍『レベルソ』を出版することを発表します。アーカイブ画像やオリジナルの写真を通じて世界で最も有名な腕時計の1つであるレベルソのストーリーを、著名な作家、歴史家、ジャーナリスト、そして時計の専門家であるニコラス・フォルケスによる刺激的なテキストと共に辿ります。



アールデコ時代の最盛期である1931年に誕生したレベルソは、ポロの激しい試合に耐え得る腕時計を設計するという挑戦に応えて製作されました。



すっきりとしたフォルムと独自のリバーシブルケースでその精神を象徴するレベルソは、90年間、変わることなく現代性を表現し続け、自らのアイデンティティを損なうことなく常に自身を変化させ続けています。



また、自分にとって意味のあるパーソナライズを施した十数人のレベルソ オーナーの物語をご紹介します。
さらに、ジャガー・ルクルトの創業者の魅力的な物語、時計の歴史に大きな影響を与えた発明、180を超える技術を1つ屋根の下に集結させた完全一体型のマニュファクチュールとしてのメゾンの発展についても記載しています。


【関連記事】:https://peihugu217.wordpress.com/

「パスティーユ」コレクションから、ピュアで可憐な輝きを放つ新作「ロングアイランド プティ パスティーユ」 のピンクサファイアモデルが登場

文字盤の中央部分に煌めく貴石が印象的な「パスティーユ」コレクションから、ピュアで可憐な輝きを放つピンクサファイアモデルが登場します。


「パスティーユ」とは、水玉模様を表すフランス語。
フランク ミュラーは“曲線”の持つ美しさに魅せられ、自身の作品の数々に落とし込んできました。ブランド時計 コピーロングアイランド コレクションのもつ手首に滑らかにフィットする豊かなケース曲線や、ビザン数字の生き生きとカーブしたライン。美しい曲線は、途切れることのない永遠に続く時を象徴しています。
そのひとつである「パスティーユ」は、文字盤に円状に配された貴石が“永遠の時”への祝福を思わせる、時間の存在を超越した美を宿すタイムピースです。



ロングアイランド コレクションの最小サイズであるロングアイランド プティは、縦25×横18㎜のミニサイズが日本人女性の腕元に馴染みやすく、洋装・和装問わず合わせやすいということから高い支持を得ています。
さらに精緻なギョウシェ装飾が施された文字盤やゴールド色のビザン数字と針が組み合わさることで洗練さが加わり、かわいらしさと品格のバランスが絶妙なデザインに仕上げられています。
中央に配されたピンクサファイアの華やかな煌めきは、時計に視線を向けるたびに高揚感や幸福感をもたらし、時を知らせる役割に留まらず持ち主の気分を盛り上げてくれる特別なタイムピースとなることでしょう。

それぞれのモデルに対応した専用のスペシャルボックスには、ルーデンスがアストロンを身に着けた5周年記念ビジュアルをあしらったイラストカード、サイン入りメッセージカードが収められており、国内限定モデルには、ルーデンスが装着しているベルトをイメージしたデザインの付け替え用ナイロンストラップが付属します。
※メッセージカードおよびサインは直筆ではございません


<セイコー アストロン>は1969年にセイコーが世界に先駆けて発売した、クオーツウオッチ<クオーツアストロン>から名を受け継ぎ、高い時間精度で世界の人々のライフスタイルをサポートします。タグ・ホイヤー - Wikipedia2012年9月に誕生した世界初のGPSソーラーウオッチに加え、新グループとしてソーラー電波モデルも登場し、バリエーションが拡がりました。


【関連記事】:各種人気腕時計の日常メンテナンス